一般外科

当クリニックの一般外科では、表在(体の表面や表面近くに生じた)の擦り傷や切り傷、やけどなどの外傷、トゲや金属片、ガラスなどの異物の刺入、粉瘤や脂肪腫など良性腫瘍の切除等を行っています。(肛門周辺の炎症や腫瘍に関しては、肛門外科にて対応します)

日常でちょっとしたケガをしてしまった場合や、皮膚のトラブルなどの場合は、放置しておくと細菌が感染し、化膿してしまったり、直りが遅くなったり、きれいに治らなかったりすることがあります。まずはなるべく早めにご受診ください。他院での手術後の創傷管理も行っています

このような場合、一般外科をご受診ください。

  • 転ぶなどして手や足を擦りむいた(擦り傷)
  • 包丁やナイフで手や指を切ってしまった(切り傷)
  • 熱いお湯をこぼして火傷を負ってしまった
  • 落ちていた鋭い金属片などを踏んでしまい、足に刺さった
  • 指などにトゲが刺さった
  • 犬や猫などのペットに咬まれたり、引っ掻かれたりした
  • 蜂やムカデなどの虫に刺された
  • 皮膚に「おでき」ができた(良性腫瘍)
  • 巻き爪が痛い 等

擦り傷

擦り傷(擦過傷)とは、転ぶなどして皮膚の浅い部分がすりむけることで生じた傷のことです。基本的には治りの良いものですが、傷口の汚染状況や、その後の処置によっては、破傷風などの感染症を引き起こすリスクもありますので、傷口はなるべく早く洗浄する必要があります。

皮膚は浅い部分から表皮・真皮・脂肪という層で構成されています。擦り傷は表皮・真皮に発生するケガです。皮膚の表面には神経が多いため、ヒリヒリとした痛みを生じ、出血することがほとんどです。傷口に砂やアスファルトが入ってしまうと、化膿したり、傷跡が残ってしまったりするので注意が必要です。

キズが広かったり、深かったりした場合は速やかにご受診ください。傷口にまだ砂利やガラス片などが残っている場合は、ピンセットなどで除去し、場合によっては局所麻酔を行ってブラッシングにより確実に取り除きます。一旦傷口は広がったり出血したりしますが、重要な治療となります。その後は傷口が乾かないよう、フィルムなどの被覆材をあてます。傷のある部分の皮膚は日光に当たると茶色くなることがありますので、日光に当てないようにするか、日焼け止めクリームを塗るのが良いでしょう。

切り傷

ナイフやガラスなど、鋭利なもので皮膚を切ってしまった時に生じるのが切り傷です。浅い部分の表皮のも切れた場合は、出血があったとしてもしばらく圧迫していれば止まり、縫合する必要はありません。医療用のテープで固定することもありますが、基本的にきれいに治ります。

真皮の部分まで深く傷が及んでいる場合は、医療用テープや医療用接着剤などを検討し、傷の状況によっては局所麻酔を行っての縫合を行う場合もあります。縫合すると傷跡が残ることもありますが、逆にきれいに治る場合もあります。さらに脂肪や筋肉にまで至っている場合は、神経の損傷や腱の断裂、血管の損傷がないかどうか慎重に判断する必要があります。

浅い傷でも深い傷でも、屋外での受傷や汚れているもので切ってしまった場合、動物の咬み傷やひっかき傷の場合は、よく洗浄して、抗生剤入りの軟膏を塗り、抗生剤の内服もするなどして、感染症の予防も行います。

粉瘤

粉瘤は皮膚の良性腫瘍の代表的なもののひとつで、アテロームとも呼ばれます。通常、1~2cmくらいのドーム状に隆起し、中央に黒い点状の穴があって、強く圧迫すると臭いカスのようなものが排出される場合があります。原因としては、皮膚の下にできた袋状のものに角質などの「垢」が溜まることによって発生するとされています。

良性腫瘍であるため、治療をせずに様子を見ることも可能ですが、10cm以上に大きくなって神経を圧迫するなどの障害が現れた場合は外科的手術を行うのが良いでしょう。この場合、局所麻酔にて切除します。また細菌等に感染して炎症性粉瘤となり、ひどく化膿してしまった場合は、抗生物質の投与や、切開して膿を排出するなどの治療を行います。

脂肪腫

脂肪腫は基本的には痛みを伴わない良性腫瘍の一種です。皮下脂肪の層に発生する「脂肪の塊」で、首や肩、背中などに多く発生する傾向にあります。柔らかいしこりのようなもので、次第に大きくなり、直径10cm以上になる場合も多く見られます。

良性腫瘍ですので、急いで治療する必要はありませんが、脂肪腫が大きくなってしまった場合の手術は体への負担も大きいため、状況を見て、患者さまとご相談のうえ、外科的手術を行います。また、ある程度大きくなったものは脂肪肉腫などの悪性肉腫等と区別するため、超音波(エコー)検査などを行う場合もあります。

肛門外科

当クリニックの肛門外科では、肛門と関連した肛門疾患に関し、薬物療法および一部外科的治療を行っています。中心となるのが「痔」の診療です。痔には「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔瘻(膿瘍/あな痔)」など様々な種類があり、それぞれに適切な治療があります。肛門が痛い、下血がある、肛門の周りに何かできた、などの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

肛門外科でよくみられる疾患(例)

  • いぼ痔(内痔核、外痔核)
  • 裂肛(急性裂肛・慢性裂肛)
  • 痔瘻(じろう)
  • 肛門ポリープ
  • 肛門皮垂(スキンタグ)
  • 肛門周囲皮膚炎 など

痔核(いぼ痔)

肛門や直腸における血管での血流が悪くなることで、大きなイボのように腫れた状態のものです。痔疾患の中では最も多く、原因としては、便秘や排便のいきみが強かったり、同じ姿勢を長時間続けていたり、仕事等でずっと座っていたりすることなどが考えられています。痔核が肛門の中に納まっている時(内痔核)は、痛みはほとんどありませんが、排便時に鮮血が混じることがあります。肛門から痔核が脱出してしまうと、痛みや腫れを生じます。さらに飛び出した痔核が肛門で締め付けられて元の位置に戻らなくなると(外痔核)、血流が急激に悪化し、痔核に血栓や潰瘍ができて腫れあがり、非常な痛みを伴います(嵌頓痔核)。

治療法は痔核の重症度によって異なりますが、軽症は生活習慣を見直すことで症状は改善します。具体的にはトイレでは長くいきまない、長時間座ったりおなじ姿勢をとらない、食生活に気を付け、便秘や下痢になりにくいようにする、飲酒を控える、肛門を清潔に保つ、などです。外痔核の場合は軟膏や坐薬、内服薬といった薬物療法も効果的です。内痔核で重症の場合は、痔核結紮切除術、ゴム輪結紮療法、硬化療法などの治療法があります。患者さまの状況に応じて、治療法を選択していきます。手術の内容によっては連携する病院をご紹介いたします。

裂肛(切れ痔)

排便時に肛門の皮膚が切れたり避けたりした状態が裂肛(切れ痔)です。排便時に痛みや下血などの症状がみられます。度々裂肛を起こすことで、裂け目が大きくなり、炎症や潰瘍、ポリープができて、肛門狭窄(肛門が狭くなること)を引き起こす場合もあります。下痢をしやすく炎症を起こしやすい人や、便秘をしがちな人に起こりやすく、とくに便秘になりやすい女性に多く見られる傾向にあります。

治療としては、まず排便のコントロールをすることが重要となります。薬物療法として整腸剤や軟下剤等を使用します。生活面では適度な水分を取ること、食物繊維を多く含んだ食事をすることを心がけます。さらに症状を抑えるものとして、かゆみを改善する薬(ステロイド剤を用いることもあります)、肛門の血流を改善する薬などの外用薬・坐薬・内服薬を用いる場合もあります。

外科的治療としては、薬物治療での改善が難しい場合、内括約筋を切開するなどの手術を行う場合があります。これは肛門の一部の筋肉を切開することで、肛門の緊張を緩めます。裂肛で併発する場合のある、肛門ポリープなどの切除を同時に行う場合もあります。手術の内容によっては連携する病院をご紹介いたします。

痔瘻・膿瘍(あな痔)

痔瘻とは、肛門が化膿し、発症する病気です。原因は下痢であることが多いですが、便秘の場合も痔瘻になることがあります。痔核や裂肛とは異なるもので、肛門腺に便が入り込んで、化膿することから始まり、肛門と皮膚の間に膿が溜まって、やがて「トンネル(瘻管)」ができる状態のことです。(裂肛から細菌が侵入し「裂肛痔瘻」になることはあります)

肛門の周りに膿が溜まっている状態を肛門周辺膿瘍といい、激痛や発熱を伴います。その後、皮膚側に穴が開いて膿が排出されると症状は和らぎますが、膿が溜まっていた部分がトンネルとして残されます。これを痔瘻と呼びます。このトンネルに再び便が入り込んで炎症を繰り返すようになり、慢性の痔瘻となってしまいます。痔瘻は自然に治癒することはなく、放置していると痔瘻がん発症する場合もあります。

痔瘻の治療では、手術が必要になります。肛門周辺膿瘍の段階では、切開して膿を排出し、抗生剤や痛み止めを内服します。肛門周辺膿瘍の手術後は痔瘻に移行することが多いので、その場合は痔瘻としての手術を行います。痔瘻の手術としては、切開開放術、括約筋温存術、シートン法などがあげられます。

切開開放術は痔瘻のトンネルを切開して広げ、左右を縫合して固定してしまうもので、再発も少ないとされています。また括約筋温存法は、痔瘻のトンネル部分をくりぬくように切除し、入り口を縫ってふさいでしまうものです。トンネルが深かったり、形が複雑で切開開放術が取れないときなどに選択されます。シートン法は痔瘻のトンネルに輪ゴムを通し、体が異物として排出しようとする仕組みを利用し、トンネルをなくしてしまおうというものです。肛門間変形リスクが少なく、再発も少なくなっていますが、治療に長期間かかる場合があります。
手術の内容によっては連携する病院をご紹介いたします。

森クリニック
院長
森 克昭
診療内容
乳腺外科 内科 消化器内科 一般外科 肛門外科
最寄駅
・東海道本線「高塚」駅より(徒歩約17分)・【遠鉄バス】志都呂宇布見線「入野西」停下車(徒歩約3分)
〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町9036
053-448-5109
●一般診療 ○内科・消化器内科のみ
【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜日、祝日
診療時間 日祝
8:30~12:00
14:00~17:30
診療予約 ネット予約はこちら 携帯・スマホ・パソコンからいつでもインターネット予約が可能です。
新規登録の方法はこちら