消化器内科では主に腹痛や、下痢、便秘が続くといった胃腸に不調をきたした際にかかっていただく診療科です。しかし一口に胃腸の不調と言っても、消化器と呼ばれる臓器は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門という、全長約9mにも及ぶ消化管、そして、唾液腺、肝臓、胆のう、膵臓などの器官と、非常に多岐にわたっています。そして不調の原因となるものも、ウイルスや細菌による感染性のもの、あるいは機能性のもの、そして腫瘍によるものと様々です。

当クリニックの消化器内科では、問診や視診、触診などの丁寧な診療に加えて、血液検査、必要であれば胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査を行い、診断をつけていき、病気の早期発見、早期治療を進めています。
※大腸カメラ(下部消化管内視鏡)検査については、提携病院(浜松医療センターが中心)をご紹介し、検査を行います

こんな症状がありましたら、消化器内科をご受診ください

  • 腹痛がある
  • 胃がもたれる気がする
  • 吐き気がある
  • 胸やけがある
  • 便秘気味である
  • 突然、便意が襲ってくる
  • 繰り返し下痢してしまう
  • 血便が出た
  • 食欲不振である
  • 急に体重の減少がみられた
  • 顔色が悪い気がする など

  • 逆流性食道炎
  • 食道カンジダ症
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 機能性ディスペプシア
  • 感染性胃腸炎
  • 急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など)
  • 胃アニサキス症
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)
  • 脂肪肝
  • 急性肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 胆嚢ポリープ
  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん など

胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査について

先端にCCDカメラが搭載された細いビデオスコープを口、または鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸の内部を画像で見て診断行うのが、胃カメラ(上部消化管内視鏡)による検査です。鮮明な画像で観察できますので、小さな、あるいは早期の病変も発見できるという大きなメリットがある検査です。またビデオスコープの先端には鉗子口も備わっていて、病変を切除したり、あるいは一部を切除して検査するということも可能となっています。

胃カメラというと、嘔吐反射などでつらいイメージをお持ちの患者様もいらっしゃると思いますが、当クリニックでは経鼻内視鏡による胃カメラも選択できます。経鼻の場合、内視鏡は経口のものより細く、舌の根元にチューブが触れないため、嘔吐反射も起きにくくなります。また、検査中に医師と話をすることも可能です。

さらに患者さまのご希望に応じ、鎮静剤(セデーション)を用いた検査も行うことができます(鎮静剤を用いる場合、経口のみ)。これは一時的に眠った状態になり、その間に検査を行うものです。目が覚めた時には検査が終わっている、という感覚で、嘔吐反射が強い患者さまも検査を受けやすくなりますので、ご相談ください。
※ただし、検査当日は車やバイク、自転車の運転ができませんので、ご注意ください。

こんな症状が続く時は、胃カメラによる検査をお勧めします。

  • みぞおち周辺に痛みがある
  • 胃の不快感が続いている
  • 胸やけや喉または胸のつかえを感じている
  • 吐き気・嘔吐が収まらない
  • 吐血をした
  • 体重に急激な減少が見られた
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返し発症している
  • 健康診断などの際、バリウムによる胃の検診で異常を指摘された

この他、次のような方は、症状が無くても定期的な胃カメラによる検査をお勧めします

胃カメラで確認する疾病には、以下のようなものがあります。

  • 逆流性食道炎
  • 食道ポリープ
  • 食道がん
  • 胃炎(急性・慢性)
  • 胃アニサキス症
  • 胃ポリープ
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃がん など

胃カメラの流れ

検査前日
  • 前日の夕食は、消化の良いもので、なるべく早めに済ませ、アルコールも胃の粘膜に影響を与えるので控えます。
  • 遅くとも午後9時を過ぎたら飲食、服薬をしないようにしてください。水分を取ることは可能です。ただしコーヒーなど色の濃いものや、牛乳など粘膜に幕ができるものは控えてください。
検査当日
  • 検査が終わるまで、朝食などの飲食は禁止です。うがい程度は構いません。
  • 喫煙は胃液分泌が多くなり、検査が行いにくくなるため禁止です。
  • 体を締め付けない、ゆったりとした服装でご来院ください。

※抗凝固薬や抗血小板薬など血液をサラサラにする薬や血管拡張薬等、常用の薬がある場合は、一旦中止していただくこともありますので、医師にご相談ください。

経口による胃カメラ検査の場合

  1. 液体の麻酔を一定時間のどに貯めておく、咽頭麻酔を行います
  2. 体の左側を下にしてベッドで横になり、マウスピースをくわえます。
    次に口から胃カメラを挿入し、検査を開始します。
    ※セデーション(鎮静剤)を行う場合は、胃カメラの挿入前に鎮静剤を注射し、鎮静剤の効果が現れた後に検査を行います。
  3. 胃や食道、十二指腸の内部を観察し、必要に応じ医師の判断で組織採取等を行います。
  4. 一通り観察を終えたら、胃カメラを抜去し、検査終了となります。
    検査時間は、処置が無ければ、5~10分程度です。

検査後の注意事項

  1. 検査後、経口による胃カメラ検査を受けた方は、咽喉麻酔が効いており、誤嚥の可能性がありますので、2時間程度は飲食を控えてください。経鼻の方も検査終了後1~2時間は飲食を控えるようにしましょう。
  2. 組織検査を行った方は、お食事に関し、医師の指示に従ってください。
  3. 検査後2~3日は、お酒や香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを摂るようにしましょう。
  4. 胃カメラでは、胃に空気を入れて膨らませ検査するので、検査後もお腹は張っていますが、次第に空気が抜けて通常に戻ります。
  5. 経鼻による胃カメラ検査を受けた方は、検査後に鼻を強くかまないでください。

セデーション(鎮静剤)による検査を受けた方は、検査後に1時間ほど院内にて休息していただきます。また当日、車やバイク、自転車を自分で運転して帰ることは禁止です。公共交通機関あるいは、ご家族等の送迎によるご来院をお願いします。

森クリニック
院長
森 克昭
日本乳癌学会指導医・乳腺専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
診療内容
乳腺外科 内科 消化器内科 一般外科 肛門外科
最寄駅
・東海道本線「高塚」駅より(徒歩約17分)・【遠鉄バス】志都呂宇布見線「入野西」停下車(徒歩約3分)
〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町9036
053-448-5109
●一般診療 ○内科・消化器内科のみ
【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜日、祝日
診療時間 日祝
8:30~12:00
14:00~17:30
診療予約 ネット予約はこちら 携帯・スマホ・パソコンからいつでもインターネット予約が可能です。
新規登録の方法はこちら